Fuegos artificiales(曲名で探す)
フエゴス・アルティフィシアレス(花火)


Roberto Firpo(ロベルト・フィルポ)と Eduardo Arolas (エドゥアルド・アローラス)の合作。1916年初演。 タイトルは「人工的な火」つまり「花火」。花火の音を思わせるバイオリン等の楽器による擬音が入る器楽曲。

JT1002 - Roberto Firpo
JT1007 - Juan D'Arienzo
JT1016 - Armando Pontier
JT3017 - Anibal Troilo
JT3501 - Florindo Sassone
JT5079 - Orquesta Juan D'Arienzo


CD(DVD)カタログ

曲名で探す(アルファベット順)

曲名で探す(カタカナ、邦題順)

アーティスト名で探す(アルファベット順)

アーティスト名で探す(カタカナ順)

販売方法について

ホタウェネ・タンゴCDショップのトップに戻る

2016年京田辺朗読劇イベント特設ページ

2016年11月23日朗読劇「私の頭の中の消しゴム」特設ページ

2016年11月26日朗読劇「ラヴ・レターズ」特設ページ

ホタウェネ・タンゴのページ(ダンスその他)に戻る

All rights reserved, Copyright (C) 2004 - 2016 ホタウェネ・タンゴ株式会社