7001 Invierno porten~a - 柴田奈穂

関西在住の日本人タンゴバイオリニスト柴田奈穂のファーストアルバム。現在はもちろん古典タンゴも幅広く弾きこなすが、タンゴに興味を持ったきっかけがアストル・ピアソラだったことからファーストアルバムはピアソラ作品を数多く収録。それ以外の2曲は今回の録音でプロデュースと編曲を担当したピアニストのMiguel Angel Barcos(ミゲル・アンヘル・バルコス)らの作品でテイスト的にはやはりピアソラ的。
タイトルナンバーで1,5,10の3曲は柴田(バイオリン)、バルコス(ピアノ)、Walter Rios(バルテル・リオス、バンドネオン)、Javier Cohen(ハビエル・コーエン、ギター)、Juan Pablo Navarro(フアン・パブロ・ナバーロ、コントラバス)。ほかの7曲は柴田とバルコスのデュオ。

内容は10曲です。3000円で販売します。

曲番、曲名 − 長さ
1. Decarisimo - 3:46''
2. Cafe 1930 - 7:04''
3. Libertango - 4:47''
4. Oblivion - 4:09''
5. Verano porten~o - 7:02''
6. Adios Nonino - 6:50''
7. Nippontango - 6:32''
8. Tango y cerezos - 4:54''
9. Invierno porten~o - 6:05''
10. Fuga y misterio - 8:20''

販売方法について

カタログに戻る

ホタウェネ・タンゴCDショップのトップに戻る

2016年京田辺朗読劇イベント特設ページ

2016年11月23日朗読劇「私の頭の中の消しゴム」特設ページ

2016年11月26日朗読劇「ラヴ・レターズ」特設ページ

ホタウェネ・タンゴのページ(ダンスその他)に戻る

All rights reserved, Copyright (C) 2004 - 2014 ホタウェネ・タンゴ株式会社