Roberto Rufino(アーティスト名で探す)
ロベルト・ルフィーノ(1922年〜1999年)


男性歌手、作曲家。プロ活動はアントニオ・ボナベーナの楽団から。カルロス・ディ・サルリの楽団で長く専属歌手を務めたのち、独立した。しかしあまり成功せずその後もエンリケ・マリオ・フランチーニアルマンド・ポンティエルミゲル・カロー、ロベルト・カロー、アニバル・トロイロエルネスト・バッファオスバルド・ベリンジェリオスバルド・レケーナラウル・ガレーロなどと専属歌手やゲスト歌手などさまざまな形で関わっている。また100曲以上を作曲したと思われる。ただし日本ではあまり知られていない曲が多い。


◎演奏家としての作品

Cuatro lineas para el cieloJT3261
El pecosoJT3261
GrisetaJT1018
La cancion de Buenos AiresJT1018
Lo han visto con otraJT2001
Los dias pasaranJT3261
NingunaJT1018
Primero besoJT3261
Republica ArgentinaJT3261
Son~emosJT2003
Un dia masJT3261

◎作詞作曲家としての作品

Boliche
Calla
Destino de flor
El bazar de los juguetes
En el lago azul
Estoy pagando la culpa
La novia de suburbio
Son~emos


CD(DVD)カタログ

曲名で探す(アルファベット順)

曲名で探す(カタカナ、邦題順)

アーティスト名で探す(アルファベット順)

アーティスト名で探す(カタカナ順)

販売方法について

ホタウェネ・タンゴCDショップのトップに戻る

2016年京田辺朗読劇イベント特設ページ

2016年11月23日朗読劇「私の頭の中の消しゴム」特設ページ

2016年11月26日朗読劇「ラヴ・レターズ」特設ページ

ホタウェネ・タンゴのページ(ダンスその他)に戻る

All rights reserved, Copyright (C) 2004 - 2016 ホタウェネ・タンゴ株式会社