柴田 奈穂 Naho Shibata(アーティスト名で探す)
しばた なほ(?〜 )


関西在住のタンゴバイオリニスト。アストル・ピアソラの音楽に衝撃を受けタンゴを弾き始めた。関西と東海地方を中心に全国各地に演奏活動を展開している。フェルナンド・スアレス・パスに師事するため2003年にアルゼンチンに渡った際には、現地のラジオや新聞にも紹介された。さらにアルゼンチンのライブハウスなどにも出演し好評を博した。
ミゲル・アンヘル・バルコスとカルロス・ベルセスが作曲した「タンゴ・イ・セレソス(タンゴと桜)」という曲は彼女に捧げられた曲である。最近ではピアニストの佐藤美由紀さん率いる「El Fuelle」〜蛇腹〜というタンゴ楽団でもバイオリンを担当。他にも、「Plaza de Fuente」 〜泉の広場タンゴ楽団〜でもバイオリンを担当し、精力的に演奏活動を行っている。
今後ますますの活躍が期待される演奏家の一人である。


◎演奏家としての作品

JT7001

Adios NoninoJT7001
Cafe 1930JT7001
DecarisimoJT7001
Fuga y misterioJT7001
Invierno porten~oJT7001
LibertangoJT7001
NippontangoJT7001
OblivionJT7001
Tango y cerezosJT7001
Verano porten~oJT7001

◎作詞作曲家としての作品


CD(DVD)カタログ

曲名で探す(アルファベット順)

曲名で探す(カタカナ、邦題順)

アーティスト名で探す(アルファベット順)

アーティスト名で探す(カタカナ順)

販売方法について

ホタウェネ・タンゴCDショップのトップに戻る

2016年京田辺朗読劇イベント特設ページ

2016年11月23日朗読劇「私の頭の中の消しゴム」特設ページ

2016年11月26日朗読劇「ラヴ・レターズ」特設ページ

ホタウェネ・タンゴのページ(ダンスその他)に戻る

All rights reserved, Copyright (C) 2004 - 2016 ホタウェネ・タンゴ株式会社