Juan Carlos Cobian(アーティスト名で探す)
フアン・カルロス・コビアン(1896年〜1953年)


ピアノ奏者、作曲者。アローラスの楽団などに参加。1922年に結成したコビアンの楽団はメンバーが後のタンゴ界を盛り立てるような豪華な顔ぶれだったが、タンゴ以外の音楽も勉強するために彼自身はアメリカに渡ってしまい、楽団員だったフリオ・デ・カロが引き継ぐことになる。1928年ブエノスアイレスの音楽界に復帰した。SADAIC(アルゼンチン作詞作曲家協会)の役員としても活躍した。


◎演奏家としての作品

◎作詞作曲家としての作品

A pan y agua
Almita herida
Bohemia
Carnavales de mi vida
Carne Un~a
El Botija
El cantor de Buenos Aires
El gaucho
El motivo
La casita de mis viejos
Los mareados
Mi refugio
Monedita de plomo
Mujer
Nieblas del Riachuelo
No me olvides
Nostalgias
Pico de oro
Piropos
Rubi
Shusheta
Una droga
Viaje al norte


CD(DVD)カタログ

曲名で探す(アルファベット順)

曲名で探す(カタカナ、邦題順)

アーティスト名で探す(アルファベット順)

アーティスト名で探す(カタカナ順)

販売方法について

ホタウェネ・タンゴCDショップのトップに戻る

2016年京田辺朗読劇イベント特設ページ

2016年11月23日朗読劇「私の頭の中の消しゴム」特設ページ

2016年11月26日朗読劇「ラヴ・レターズ」特設ページ

ホタウェネ・タンゴのページ(ダンスその他)に戻る

All rights reserved, Copyright (C) 2004 - 2016 ホタウェネ・タンゴ株式会社