Elvino Vardaro(アーティスト名で探す)
エルビーノ・バルダーロ(1905年〜1971年)


バイオリン奏者、作曲家。もっと若いころからタンゴを演奏していたようだが20歳のころフアン・マグリオ(パチョ)の楽団でプロデビューした。その後ペドロ・マフィアの楽団にいたり、オスバルド・プグリエーセと共同の楽団を作ったりしたのち、自身の六重奏を持った。指揮や楽団経営はうまくいかず2年ほどで解散したようだが、この楽団の演奏がアストル・ピアソラをタンゴの道に導いたという逸話もあるらしい。バルダーロの死後ピアソラはバルダリートという曲を作曲し、追悼と敬愛の気持ちを込めている。バルダーロは自身の楽団の解散(1935年)後はいろいろな楽団のメンバーになったり客演したりしながら1962年の引退までとても忙しく活躍したようだ。


◎演奏家としての作品

El cuatreroJT1802
Pico de oroJT1802

◎作詞作曲家としての作品

Bailes de patio
Domino
El repique
Fray milonga
Grito del alma
Imaginacion
Mia
Miedo
Te llaman mi violin
Tinieblas
Un beso
Y a mi que me importa


CD(DVD)カタログ

曲名で探す(アルファベット順)

曲名で探す(カタカナ、邦題順)

アーティスト名で探す(アルファベット順)

アーティスト名で探す(カタカナ順)

販売方法について

ホタウェネ・タンゴCDショップのトップに戻る

2016年京田辺朗読劇イベント特設ページ

2016年11月23日朗読劇「私の頭の中の消しゴム」特設ページ

2016年11月26日朗読劇「ラヴ・レターズ」特設ページ

ホタウェネ・タンゴのページ(ダンスその他)に戻る

All rights reserved, Copyright (C) 2004 - 2016 ホタウェネ・タンゴ株式会社