Eduardo Arolas(アーティスト名で探す)
エドゥアルド・アローラス(1892年〜1924年)


バンドネオン奏者・作曲家。「バンドネオンの虎」という愛称を持つアーティストでタンゴの時代を作った。本名はロレンソ・アローラ。32歳の若さでパリでこの世を去るまで演奏家としてももちろん活躍したが、現代には作曲した曲で名を残す偉大な作曲家だといえる。彼の名前がついたSe llamaba Eduardo Arolasという曲もある。


◎演奏家としての作品

De vuelta y mediaJT1952

◎作詞作曲家としての作品

Adios Buenos Aires
Alice
Cardos
Catamarca
Comme il faut
Derecho viejo
El Marne
El rey de los bordoneos
Fuegos artificiales
La cachila
La guitarrita
La trilla
Lagrimas
Maipo
Papas calientes
Rawson
Retintin
Rocca
Suipacha
Una noche de garufa
Viborita


CD(DVD)カタログ

曲名で探す(アルファベット順)

曲名で探す(カタカナ、邦題順)

アーティスト名で探す(アルファベット順)

アーティスト名で探す(カタカナ順)

販売方法について

ホタウェネ・タンゴCDショップのトップに戻る

2016年京田辺朗読劇イベント特設ページ

2016年11月23日朗読劇「私の頭の中の消しゴム」特設ページ

2016年11月26日朗読劇「ラヴ・レターズ」特設ページ

ホタウェネ・タンゴのページ(ダンスその他)に戻る

All rights reserved, Copyright (C) 2004 - 2016 ホタウェネ・タンゴ株式会社